1番身近にいる相手をセフレにするには

セフレにする相手を見つける方法として、出会い系サイトやセフレ専門に特化したサイトで見つける、またはそのような大人の社交場等が考えられるでしょう。それでも一番都合が良いのは、身近にいる相手になります。身近な存在である人物をセフレにすることを考えてみましょう。

友人が多い

ある調査によると、セフレがいると答えた人の中で、相手が友人であると答えた人の割合が多いという結果がありました。やはり身近な存在こそが相手として最適であることがわかります。

友人をセフレにする方法

ではどのように友人をセフレにするのか?ということになるでしょう。それはやはり2人の距離感を詰めていくことが必要です。2人きりになる時間を過ごす、そして定番のお酒を飲んで誘ってみるもあるでしょう。どうすれば作れるかの確実な答えはありませんが、勇気を出して誘わないと女友達や男友達といった身近な存在をセフレにすることは不可能です。一度ベッドを共にしてその後数回セックスをすることが、セフレの定義になることを覚えておきましょう。だからこその面倒さもあります。

後腐れを覚悟

身近な存在である友人をセフレにすると、その後の関係がうまくいかなくなるでしょう。その後の関係が良好になるというのは、よほどの信頼関係がなければできません。ずっとこれからも友人であり続けたい人をセフレにするのは、リスクが高くなることを知っておきましょう。そのような友人をセフレとして誘うのはやめてください。あくまでもヤリ友として見る残酷な目を持つことも大切です。

2人だけの秘密にできる関係を

絶対にバラさないような関係を作ることが必要です。身近な存在というのは、共通の友人も多いでしょう。その共通の友人に打ち明けるようなセフレを持ってはいけません。2人の関係は来世まで持っていく覚悟を持ってくれるような口が堅い人をセフレにするようにしましょう。また気遣いができる相手であればなおさらです。たとえば必要以上に褒めてくれる、金回りが良いといった都合のよい相手を見つけることが大切です。2人だけの秘密として維持させることができる、そのような部分を見出して、その相手をセフレにするかそのような人を目的としてせふれ募集をしましょう。

セックスというのは、一戦交えないと相性がわかりません。セフレにするのであれば相性というのも大切です。一度セックスをしてお別れをしなければならないこともあるでしょう。1度だけの関係というのは、その後の関係に傷を残すこともあります。そのようなリスクにも配慮して、相手を見つけなければなりません。身近な存在をセフレにするということはそのような面倒さもあります。